« 『クラシックとポピュラー』の後日談 | トップページ | 「《ラプソディー・イン・ブルー》の真実」無事終了 »

レクチャー&コンサート 《ラプソディー・イン・ブルー》の真実

国立音楽大学の音楽研究所では、昨年4月から「20世紀前半アメリカ音楽研究部門」、通称「ガーシュイン・プロジェクト」が発足しました。その1年の成果として、下記のような催しを行います。

レクチャー&コンサート 《ラプソディー・イン・ブルー》の真実

名曲《ラプソディー・イン・ブルー》の初演で用いられた楽譜を編曲者グローフェの自筆スコアから再現し、初演当時の姿をよみがえらせる試みです。
慣習的に行われているカットを復元し、編成も初演者ポール・ホワイトマン楽団と同じで、サックスと他の木管、チューバとコントラバスといった楽器の持ち替えまでそのまま再現します。
初演時に一緒に演奏された曲や、グローフェがホワイトマン楽団のために書いた曲も演奏します。

2016年3月11日(金) 会場17:30 開演18:00

入場無料

国立音楽大学 講堂大ホール
(西武拝島線・多摩モノレール「玉川上水」駅下車徒歩7分) 
 事前配布のチラシなどでは会場が小ホールとなっていましたが、諸般の都合で大ホールに変更になりました。ご了承下さい。

第1部 レクチャー
《ラプソディー・イン・ブルー》の成立経緯、楽譜の状況、初演稿復元演奏の趣旨、など

第2部 コンサート
 1)エルガー 行進曲 威風堂々 第1番
 2)グローフェ スリー・シェイズ・オブ・ブルー より インディゴ
 3)コンフリー ニッケル・イン・ザ・スロット
 4)ガーシュイン ラプソディー・イン・ブルー (ジャズ・オーケストラによる初演稿)

 指揮: 工藤俊幸  国立音楽大学講師

 ピアノ:三木香代  国立音楽大学教授

 管弦楽:Kunitachi Symphonic Jazz Orchestra
Reed 1 (Bb Cl, Bass Cl., Ob., Eb Cl., A. Sax.)
            宮崎真一  フリー奏者、楽器史研究者
Reed 2 (A. Sax., Sop. Sax., Bar. Sax.)
            池田 篤  国立音楽大学准教授
Reed 3 (T. Sax., Sop. Sax.)
             中村有里  音楽研究所員
Trumpet       山本英助  国立音楽大学教授
            奥村 晶  国立音楽大学講師
Horn         中島大之  国立音楽大学教授
            高橋臣宜  東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者
Trombone       中川英二郎 国立音楽大学講師
             野々下興一 東京都交響楽団
Tuba & Contrabass 松永 敦  フリー奏者
             加藤 人  フリー奏者
Orchestra Piano  永井英里香 音楽研究所員
Piano(第1部)   陣内みゆき 音楽研究所員
Celesta        池原 舞  音楽研究所員
Percussion     目黒一則  国立音楽大学講師
Timpani       高橋典子  アドヴァンスト・コース
Banjo         青木 研  フリー奏者
1stViolin       青木高志  国立音楽大学准教授
            栃本三津子 東京フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラー
            熊谷真紀  TheOrchestraJapan
            堀江真理子 フリー奏者
2ndViolin       遠藤香奈子 東京都交響楽団首席奏者
            岩澤幸子  フリー奏者
            久保 静  TheOrchestraJapan
            藁科杏梨  大学院修士課程2年

企画・制作:国立音楽大学音楽研究所ガーシュイン・プロジェクト kcm.kenkyujo@gmail.com

お問い合わせ:国立音楽大学演奏課 042-535-9535

国立大学音楽研究所スタッフ
  ・企画
    吉成順
  ・研究、楽譜校訂
    池原舞、谷口昭弘、松岡由起
  ・演奏会運営
    栗山和樹、永井英里香
  ・編曲
    蒋斯汀、吉成順
  ・楽譜作成
    蒋斯汀、陣内みゆき、鈴木麻菜美、永井英里香、中村有里、八木澤桂介

« 『クラシックとポピュラー』の後日談 | トップページ | 「《ラプソディー・イン・ブルー》の真実」無事終了 »

イベント」カテゴリの記事