« 2011年5月 | トップページ | 2012年11月 »

2011年7月

サンチャゴの写本が盗難

世界遺産にも指定されているスペインの聖地サンチャゴ・デ・コンポステラに伝えられた12世紀の写本Codex Calixtinusが盗まれたそうだ。カリクスティヌス写本といえば巡礼の経路を詳しく説明した世界最初の旅行ガイドであり、音楽の世界では初期の多声オルガヌム、いわゆるメリスマ・オルガヌムがいくつも記されていることで良く知られている。この写本の曲だけを集めたCDも出ているほどだ。

盗まれたのは今月5日のことらしい。厳重に保存されていたはずの貴重な写本が、気が付いたらなかった、というのだから、世紀の大事件だ。ヨーロッパ各国では7日か8日にニュースとして報じられている。だが不思議なことに、日本ではまったく、新聞の隅っこでさえ話題に上らない。そんなもんでしょうかね。サンチャゴ巡礼にまつわる本や写真集なんかも結構売れてそうなんですけどね。

ちなみにこの写本の音楽はナクソスでも聴けます。

http://ml.naxos.jp/album/sdg701

↑これはガーディナーとモンテヴェルディ合唱団の演奏。もっと新しい、ルネサンス期の音楽も混じってますが。

« 2011年5月 | トップページ | 2012年11月 »