« 世紀末ウィーンのヒットチャート(補足:ベートーヴェン) | トップページ | ブージーとシャーマーの楽譜ネット公開 »

世紀末ウィーンのヒットチャート(補足):リスト

前項(↓)につづいて、フォル・ジュルネでの講演の補足です。
今回の音楽祭全体のテーマは「タイタンたち」。ポスターにはブラームス、リスト、シェーンベルク、マーラー、リヒャルト・シュトラウスという5人の作曲家が描かれています。

講演では、ウィーン・フィルでとりわけ演奏頻度の高かった3人、ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームスについて具体的な曲目を確認し、一方でマーラーとR.シュトラウスについては指揮者としての演奏傾向などをご紹介しました。また、「タイタン」のうちベスト20に名前が出てこなかったシェーンベルクについて、その事情を考えてみました。

こうして話を進めた結果、演奏頻度で9位につけていたリストについては、ほとんど具体的な曲目に触れることがないまま終わってしまい、「リストはどうした」というご質問をいただくことになりました。内容を構成していくうえで配慮が足りなかったと反省しております。

1880年~1919年にウィーン・フィルが取り上げたリスト作品の上位は次の通りです。

1 交響詩《マゼッパ》 8
2 交響詩《前奏曲》 7
3 メフィスト・ワルツ 5
4 ピアノ協奏曲第1番 4
5 ファウスト交響曲 3
5 詩編18編 3

交響詩2曲が上位を占めているのは、この時代まだ「新ドイツ派の盟主リスト」というイメージが強かったということかもしれません。《前奏曲》は、今でもかろうじて標準的なレパートリーに残っていますが、《マゼッパ》はほとんど演奏されなくなりました。なぜそうなったのか、興味深いところです。

ちなみに私自身はリストの交響詩では《タッソー》が好きなのですが、残念ながらこの時期のウィーン・フィルでは2回しか演奏されていませんでした(; ;)。

« 世紀末ウィーンのヒットチャート(補足:ベートーヴェン) | トップページ | ブージーとシャーマーの楽譜ネット公開 »

世紀末ウィーンのヒットチャート」カテゴリの記事